BLOG
アパブログ

【失敗しないお家購入のポイント2】親族やパートナーの意見はしっかりと聞いておく! 2016.11.26 (土曜日)

Pocket

13032-nop09h

こんにちは、売買事業ユニットの平井です。

前回より4回シリーズの「失敗しないお家購入のポイント公開」がスタートしました。

前回はその第1回目として、『住宅購入の総予算を立てる!!』というポイントをご紹介させていただきましたが、覚えていらっしゃいますでしょうか?

重要なことなので、もう一度おさらいさせて頂くと

1.なんとなくで予算を立ててしまうと、申込しても資金的に断念しなくてはならないケースがある

2.しかも、もう一度家探しをスタートしても、なかなか決めることが出来なくなってしまう

3.総予算を明確にするためには、「銀行などからの借入れ」を把握することが重要

4.それには、銀行の”事前審査”を申し込まれることがオススメですよ♪(おおよその金額であれば、不動産会社でも計算できます☆)

その後、皆様の総予算は明確になりましたでしょうか?

何かご不明なことがあれば、いつでもアパルトマンエージェント平井までご連絡下さいね(^^)


さて、2回目の今回は

『親族などの意見も聞いておく!!』

です☆

例えば、住宅の雑誌を買う場合、多くの人が自分の意思だけで、買うことを決めることが出来ると思います。

ですが、「家を買う」となるとどうでしょう??

恐らく、99%の方が誰かには相談や話をするのではないでしょうか?

ほとんどの方にとって家は人生で最大の買い物になります。このように「家」という大きなお買物になると、それに関係してくる人も数が増えてきます。

(パートナー、自分の両親、パートナーの両親、子供、親戚などなど。。。)

そのため、自分だけの意思ではなかなか決定ができないということがあります。

特に強い影響力を持つのが、資金援助をしてもらった場合の両親です。ただでさえ、ある程度の影響力がある両親ですが、資金援助をしてもらったとなれば、「共同購入者」と言っても過言ではありません。

関係する人には意見を予め確認しておき、それを考慮に入れた住まい探しを心がけましょう。

また、意見を聞くときは、「絶対にNG」なポイントを押さえておくことがいいと思います。

あまりに要望を詳しく聞いてしまうと、皆様の希望が通らなくなってしまいますので。。。


このように予め意見を確認しておくことで、「気に入った物件を見せたらストップが掛かった」なんてことを防ぐことが出来ます。

私が以前担当させていただいたお客様で、気に入った家が見つかり買う寸前だったのに、風水をすごく気になさる方がご親戚にいらっしゃって、その方のご意見で泣く泣くあきらめた・・・

というケースもありました。

そのようなことにならないためにも、ご親族など関係してくる方のご意見を、しっかり聞いておいていただくのが良いと思います。


前回の「総予算を決めておく!」も今回の「親族などのご意見も聞いておく」も

『事前準備がとにかく重要』ということのようですね♪

住まい探しは楽しいものです。

その楽しい住まい探しを円滑に進めるためには、事前準備をしっかりしてもらうことが、どうやらポイントなようです。

さて、次回は「実現したいことの優先順位を付ける」です。

お楽しみに☆

Pocket

カテゴリ