BLOG
アパブログ

家は買うべき?借りるべき?「持ち家」と「賃貸」を徹底比較 2017.06.27 (火曜日)

Pocket

マイホーム計画

 

「家賃を一生払い続けるくらいなら、同じくらいの金額を支払って購入したほうが良い」?

「同じ条件で比べた場合、生涯コストがほぼ同じならば、わざわざリスクを抱えて家を買う必要はない」?

 

「持ち家」と「賃貸」についての論争は尽きることなく、いろいろな意見が見受けられます。結局のところ、どちらの方が良いのでしょうか?

結論から言うと、物件やお客様の状況次第ということになります。

身も蓋もないようですが、それぞれにメリット・デメリットがあり、一長一短なのです。

つまり、双方の特徴を十分に理解した上で個別の状況に応じて選択するのが一番。

ここでは「持ち家」と「賃貸」、それぞれの主なメリットとデメリットについてご紹介いたします。

 

賃貸物件

 

賃貸の主なメリット

 

・初期費用や維持費が少なく済む。

・資産価値の下落による影響が少ない。

・勤務地や家族構成の変化などによる転居があっても対応しやすい。

 

賃貸の主なデメリット

 

・一生涯、家賃が必要経費となる。

・資産にならない。

・高齢の場合、転居が難しくなる可能性がある。

・リフォーム等は自由にできないことが多い。

 

 

column001-03

 

持ち家の主なメリット

 

・ローンの支払いを終えれば負担が少なくなる。

・家が資産として残る。

・設計やリフォームを自由にすることができる。

・社会的な信用や、「持ち家」というステータスが得られる。

 

持ち家の主なデメリット

 

・購入の際や、固定資産税、管理費などにお金がかかる。

・資産価値が下がり、売却が難しくなる可能性がある。

・勤務地や家族構成の変化などによる転居があると対応しづらい。

 

 

このように、どちらにも良い面と悪い面がありますが、数年以内の移転が決まっている場合などであれば、手続きが比較的簡単な賃貸がおすすめです。

反対に、ご自身の老後のことなどを長期的に考えて、このまま賃貸の家賃を払っていくのは負担が大きいとお考えの方は、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

また、若い方であれば、無理のない長期ローンを組むことができますので、将来設計ができていて、こんな家に住みたいというビジョンがはっきりしている方は、購入に踏み切るのも良いと思います。ただ、もし夫婦の間に子どもが生まれるなどの変化があれば、育児等に費用がかかることや、共働きが難しくなる可能性があることなども、考慮する必要があるでしょう。

column001-04

住宅を購入するべきか、このまま賃貸に住み続けるべきか。

お悩みの方はお気軽に当社にご相談ください!

お客様の状況やご希望の物件に合わせたご提案をさせて頂きます。

また、現在の家賃より月々のお支払いが安くなるような物件も提案しております。

ご自身だけで悩まずに、不動産のプロの意見をぜひ参考にしてみてください。

 

吹田・豊中のマンション探しならアパナビ売買へ

 

Pocket

この記事を書いた人

平井美穂
不動産担当の平井です。 常におごらず、謙虚に、笑顔を絶やさず、きめ細やかな心配りで、丁寧なふるまいを心がけております。 お部屋探しの際は是非お声掛けください。


カテゴリ