BLOG
アパブログ

資産価値?住みやすさ?「戸建」と「マンション」を徹底比較 2017.07.1 (土曜日)

Pocket

column002-01

 

先日は、『家は買うべき?借りるべき?「持ち家」と「賃貸」を徹底比較』ということで、家を購入することと借りることの一長一短についてコラムを書きました。

 

前回: 家は買うべき?借りるべき?「持ち家」と「賃貸」を徹底比較

 

その「持ち家」VS「賃貸」論争に次いで絶えることなく語られるのが「戸建」VS「マンション」論争です。

戸建は土地があるぶん資産価値が高いとか、マンションは戸建に比べ立地が良い傾向があるため資産価値が下がりにくいとか、相反する主張が繰り広げられることも珍しくはありません。

今一度「戸建」と「マンション」のメリット・デメリットについて整理をしてみましょう。

 

column002-02

 

戸建のメリット

 

・建物が経年劣化しても、土地の部分に資産価値が残る。

・管理費や修繕積立金、駐車場代などの支払いが不要である。

・増築や建て替えが比較的自由にできる。

・管理組合などへの参加義務がない。

・一戸の家としての独立性が高いので、プライバシーや騒音などで周囲に気を遣うことが少ない。

 

戸建のデメリット

 

・立地条件が同様ならば、マンションよりも物件価格が高いことが多い。

・修繕が必要となったときの費用は、自分で積み立てておかなければならない。

・防犯等の対策を考える必要がある。

・日当たりの良さではマンションに劣ることが多い。

 

 

column002-03

 

マンションのメリット

 

・立地条件が同様ならば、戸建よりも物件価格が安いことが多い。

・将来の修繕工事などを想定して費用を積み立ててくれている。

・住民と積極的に関わり合うことで、子どもの見守りなどで協力し合うことができる。

・管理人の常駐や防犯カメラの設置など、防犯設備がしっかりとしている。

・日当たりの良さでは戸建に勝る場合が多い。

 

マンションのデメリット

 

・管理費や修繕積立金、駐車場代などの支払いが必要である。

・立地条件にもよるが、築年数が経過した際は資産価値が見込めないことが多い。

・プライバシーや騒音に関しては、戸建よりも気を遣う必要がある。

・管理組合などへの参加義務がある。

 

 

column002-04

コスト面の違いで言うと、初期費用が高く維持費が安いのが「戸建」、初期費用が安く維持費が高いのが「マンション」ということになります。

資産形成に重きを置くなど、長期的に所有するならば「戸建」、ライフスタイルに応じた住み替えを考えているなど、中期的に所有するならば「マンション」が、それぞれコスト的には優れていると言えるかもしれません。

生活面の違いで言うと、セキュリティ面を意識していかなければならないが近隣からの迷惑を受けにくいのが「戸建」で、近隣への気遣いが必要だがセキュリティ面での優位性が高いのが「マンション」ということになります。

独立性を重視するなら「戸建」、セキュリティを重視するなら「マンション」という選び方もできるでしょう。

 

「持ち家」VS「賃貸」と同じ結論になってしまいますが、この論争もまた、「戸建」と「マンション」どちらが良いとは一概に言えません

結局のところ住まい探しにおいては正しく理解し、自分や家族にとって最適な選択をすることが最も重要です。

みなさまが後悔のない住まい選びができることを、心から祈っております!

 

 

吹田・豊中のマンション探しならアパナビ売買へ

 

Pocket

この記事を書いた人

平井美穂
不動産担当の平井です。 常におごらず、謙虚に、笑顔を絶やさず、きめ細やかな心配りで、丁寧なふるまいを心がけております。 お部屋探しの際は是非お声掛けください。


カテゴリ