BLOG
アパブログ

マイホーム探しの「正しい」進め方って? 2017.07.25 (火曜日)

Pocket

column006-01

「マイホームを持つ」ということは、単なる買い物ではありません。自分や家族の生活を向上させるための手段のひとつです。

言うまでもありませんが、マイホームは住宅販売会社のためではなく、自分自身や家族のために購入するものです。生涯で最も大きな買い物をするわけですから、「正しい」進め方をして、将来にわたって満足のいく住宅購入をしましょう。

 

さて、「正しい」マイホーム探しは、以下の順番で進めます。

  • 自分の希望明確にする
  • 正しい予算を組む
  • 住みたい場所の基準を決める

ポイントは、この順番を間違えないことです!それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

 

 

1.自分の希望を明確にする

414fc752d3f510ea1355c4568050aa5c_m

せっかくマイホームを持っても、以前より暮らしにくくなったのでは意味がありません。まず、現在の生活の中で「改善したい点」を具体的に考え、明確にしておきましょう。

マイホームに求めるものは人それぞれだと思います。家探しのスタートラインに立ったあなたは、これからいろいろなハードルを乗り越えていかなければなりません。何を改善したいかを明確にすることは、家を選ぶ基準をはっきりさせることに繋がるだけではなく、そのハードルをクリアする原動力にもなるのです。

「今の暮らしの○○を解消したい」

「新しい住まいではぜひ○○を実現したい」

こんな期待の強さが、あなたのマイホーム探しの旅を最終目的地へと導いてくれるのです。

 


2.正しい予算を組む

column006-03

マイホームを探す前に、あらかじめ“自分の財布の中身”を認識しておくことが大切です。

適正な予算は、今までの暮らしの中にあります。マイホームの購入資金に充てられる「自己資金」や、ご両親からの「援助金」、会社からお金を借りられる「社内融資制度」などを念頭に置いておきましょう。

また、マイホームの購入では、資金の大部分を住宅ローンでまかなうケースがほとんどですので、現在の家賃と比較して無理のない返済可能額(月々、ボーナス時)や、正確な前年度の年収(総支給額)、現在返済中のローン(車や教育ローン等)などをしっかりと把握しておきましょう。

 


3.住みたい場所の基準を決める

column006-04

「マイホームに求めること」と「正しい予算」が確認できたら、改めて希望条件を整理しましょう。

立地、日当たり、生活環境、広さ…などなど。待望のマイホームに夢が膨らみ、希望条件を挙げ始めるとキリがないと思います。しかし、すべてを満たそうと思うと予算がいくらあっても足りません。こんな時は、「どうしても譲れない条件」を絞りましょう。

マイホーム探しのポイントはズバリ「優先順位」です!

悔いの残らない住宅購入をするためには、予算の中で「どうしても譲れない条件」を満たしながら、いかにその他の希望を叶えるかということが重要です。

 

みなさまがご自身の過去や現在と向き合い、未来を思い描きながら、満足度の高い住まい選びができることを願っています!

 

吹田・豊中のマンション探しならアパナビ売買へ

 

Pocket

この記事を書いた人

平井美穂
不動産担当の平井です。 常におごらず、謙虚に、笑顔を絶やさず、きめ細やかな心配りで、丁寧なふるまいを心がけております。 お部屋探しの際は是非お声掛けください。


カテゴリ