BLOG
アパブログ

必見!不動産を高く売却するためのチェックポイント~第1弾~ 2017.09.15 (金曜日)

Pocket

column020-01

 

今回の記事からは4回にわたって、不動産を高く売却するために必見の25のチェックポイントを売却の流れとともにご紹介いたします。
初回は、不動産会社に査定依頼をする前にやっておくべきポイントについておさえていきましょう。

 

▼25項目のチェックリストをまとめて見たい方はこちら
前回: 必見!不動産を高く売却するためのチェックポイント一覧


今回の記事でご説明するのは、下記の5つのポイントです。

  1. 不動産を売却する際の方針を固める
  2. 売却活動を始めるべき時期を知る
  3. 周辺物件の価格を調べる
  4. 希望の売却価格を決める
  5. 不動産購入当時の情報が分かるもの(パンフレット等)を用意する

査定依頼の前準備としてやっておきたいこれらの項目について、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

1、不動産を売却する際の方針を固める

column020-02

売却の「理由」は一般的に、相続した家をお金にかえたい、マンションを戸建て住宅に買い替えたいなどが挙げられますが、より重要となるのは売却の「目的」です。
特に、なるべく「高く売りたい」のか、それとも「早く売りたい」のか、という点については明確にしておくべきです。
売却の目的によっては、とにかく早く売ったほうが良いという場合もあるでしょう。そんなときは、売却価格が理想より少々低くても、早めに折り合いをつける必要が出てきます。

ただ、どうしても高い価格で売りたいからといって売却を引き延ばしすぎると、その期間分だけ不動産の価値も下がっていくことになります。早く売れないことはもちろん、同時に高く売ることも難しくなってしまうので、注意が必要です。

 

2、売却活動を始めるべき時期を知る

column020-05

ここでは「建物のライフサイクル」と「売却の旬」の2つの観点から考えておくことが必要となります。
「建物のライフサイクル」とは、築年数から見てその建物がどの段階にあるか、という考え方です。基本的には築年数が長いほど価値は下がっていきます。日本では新築を望む人が多く、築年数が2年になる頃に一度大きく価値が下がります。その後は戸建てとマンションで異なりますが、一般的に大規模修繕が必要となる築15年頃が、売却が非常に難しくなる時期として一つの目安になります。
もう一つ、一年における「売却の旬」の観点から考えると、4月から新生活がスタートする人が多いため、一般的には2月、3月が最も不動産が高く売れる時期と言われています。
売り出してすぐに売却に至るということはなかなかありませんので、「売却の旬」の3ヶ月前には売却に向けた準備をしておくとよいでしょう。
このように、活動をスタートする時期にも気を配ることで、不動産を高く売却できる可能性が高くなります。

 

3、周辺物件の価格を調べる

column020-03

不動産の価値は、そのエリアの地価や、他に類似した物件があるかどうかによって左右されます。そのため、近隣で売りに出されている物件の有無、そして、物件があった場合はそれらの相場を調べることが重要です。
インターネット上には、様々な物件の情報が掲載されています。売却したい不動産が一戸建てや土地であれば、近隣の住所で売りに出されている類似した物件を、マンションであれば、同じマンション内の他の部屋の売り出し価格を見てみるとよいでしょう。

不動産を売却する際、高望みをした価格を設定してなかなか売れないという状況や、逆に低く見積もりすぎて、相場よりもかなり低い価格ですぐ売れてしまったというような状況が発生しないように、事前にしっかりと調べておく必要があります。

 

4、希望の売却価格を決める

column020-04

売却希望価格を決めるには、ここまで見てきた1・2・3の内容をすべて考慮する必要があります。その物件は築年数から見てどのくらいの価値があるのか、地価や周辺物件の相場はいくら位なのか、物件を高く売りたいのか、早く売りたいのか等々を加味して適正価格を考えてみましょう。

「とにかく早く売りたい!」と思っていても、いざ低い金額を提示されてみると売却が億劫になってしまうものです。はっきりした希望金額を設定しておくことで、売却時に提示された金額に対して他を探すか、売却するかといった次の行動に移りやすくなります。

 

 

5、不動産購入当時の情報が分かるもの(パンフレット等)を用意する

column020-06

査定までにぜひやっておいていただきたいのが、売却する不動産の、購入当時の情報が分かるものを探しておくことです。
不動産は何かしらのコンセプトを持って建てられていることがほとんどですので、それらを知り得る資料は不動産会社にとって査定の際に貴重な判断材料となります。

 


不動産売却を円滑に進めるためには、査定の前からきちんと準備をしておくことが必要ということになりますね。次回の記事では、査定時のチェックポイントを詳しくお伝えします。

 

不動産の売却・購入に関してご不明点やお悩みなどがあれば、ぜひお気軽に当社にご相談ください!

吹田・豊中のマンション探しならアパナビ売買へ

 

Pocket

この記事を書いた人

平井美穂
不動産担当の平井です。 常におごらず、謙虚に、笑顔を絶やさず、きめ細やかな心配りで、丁寧なふるまいを心がけております。 お部屋探しの際は是非お声掛けください。


カテゴリ