BLOG
アパブログ

マンション選びで要チェック!駐車場の種類と特徴 2017.11.2 (木曜日)

Pocket

column029-01

 

通勤や通学、日常の買い物などで車を利用する人にとって、欠かせないのが駐車場です。今マンションを探している方にとって、その物件に駐車場が設置されているかどうかということは大きな判断基準のひとつになっていると思います。そして、一口にマンションの駐車場と言っても、いくつかのタイプがありますので、車種やライフスタイルによって適切なものを選択しなければなりません。

今回は、マンション選びの際にぜひ参考にしていただきたい、駐車場の種類と特徴についてご紹介いたします。

 

マンションの駐車場の種類

column029-05

駐車場のタイプは、主に以下のようなものがあります。

  • 平置き式駐車場
  • 立体自走式駐車場
  • 機械式駐車場

費用が安い、乗降が楽・短時間で済む、車が風雨の影響を受けない…など、どのようなポイントを重視するかによっても選ぶ駐車場は変わってきます。

いいなと思うマンションを見付けたら、駐車場がどんなタイプのもので費用はどのくらいかかるのかをしっかり見ておきましょう。

では、上記三つの駐車場のタイプについて、一つずつご紹介いたします。

 

平置き式駐車場

column029-02

平置き式駐車場は最も基本的な、平面に白線が引いてあるだけの駐車場です。他のタイプの駐車場と比べて維持費が安い上に、停めやすく車種も選ばないので人気の形の駐車場ですが、駐車場代はやや高めに設定されているところが多いです。

平置き式駐車場の設置には広い敷地が必要となるため、住人全員分は用意されていない場合が多くあります。高級マンションでは地下を利用して設置されていることもあります。

 

 

立体自走式駐車場

column029-03

立体自走式駐車場は、平置き式駐車場が積み上がったような形状をしていて、自分でスロープを走行して車を出し入れするタイプの駐車場です。大型の商業施設ではこの形状の駐車場が多く見られますので、イメージしやすいかもしれません。

屋根のない最上階以外は雨や雪の影響を受けづらく、天候の悪い日の車の乗降も快適です。ただ、スロープの走行が必要な分、平置き式と比べると駐車までの移動に手間がかかってしまう場合があります。

 

 

機械式駐車場

column029-04

機械式駐車場は、無人の車を機械の操作によって動かし、狭いスペースに重ねて収納するタイプの駐車場です。小さな敷地を利用してより多くの車を停めることができるため、最近は都心のマンション等でよく導入されています。

他のタイプと比べ駐車場代は安めで、防犯面においても車上荒らしやいたずらなどの被害に遭いにくいというメリットがあります。

しかし、機械を使って車を動かすということから、出入庫に時間がかかってしまったり、停電時に動かせなくなってしまったり、維持管理費用が割高になってしまったりといったデメリットもあります。

 


 

駐車場の選び方は、ご自身が車をどう管理したいかによって変わります。大切な車を雨ざらしにしたくない方、盗難の心配をしたくない方、駐車場の質にはそれほどこだわらないから費用面を抑えたいという方など、優先順位は人それぞれです。

近年は車離れが進んでいると言われており、駐車場が無いというマンションも増えてきています。あなたの希望に合った駐車場を見付けるところから、マンション探しを始めてみてもよいかもしれません。

 

マンションの購入に関してご希望やご不明点などがあれば、ぜひお気軽に弊社にご相談ください!

 

吹田・豊中のマンション探しならアパナビ売買へ

 

Pocket

この記事を書いた人

平井美穂
不動産担当の平井です。 常におごらず、謙虚に、笑顔を絶やさず、きめ細やかな心配りで、丁寧なふるまいを心がけております。 お部屋探しの際は是非お声掛けください。


カテゴリ