BLOG
アパブログ

スキップフロア型マンション エレベーターが停止しない階 2018.06.13 (水曜日)

Pocket

新築のマンションではバリアフリー新法に則ったマンションの構造設計がなされるようになったためほとんど見ることは無くなりましたが、中古のマンションではエレベーターはあるものの各階に停止しないマンションを目にすることがあるかもしれません。

今回はエレベーターが各階に止まらない「スキップフロア型マンション」にはどのようなメリットが存在するのかというところについてご紹介していきます。

「スキップフロア型マンション」とは

スキップフロア型マンションは、エレベーターはあるものの、すべてのフロアには停止しません。例えば10階建てのマンションで、1階、3階、6階、9階に停止する設定の場合、2階、4階、5階、7階、8階、10階には停止しませんのでエレベーターを使用する場合は近いフロアまで階段で移動して使用する、というような形をとっています。このように聞くと一見使いづらいようにも感じますが、エレベーターが止まらないことによるメリットも多く存在します。

「スキップフロア型マンション」のメリット

・住戸面積が広がる

エレベーターが停止しないフロアには、共用廊下が不要になります。共用廊下として使用していた部分を部屋の一部として活用することができるので、同じ建物の中でもエレベーターが停止するフロアに比べて専有面積を広く取ることができます。

・住居環境が向上する

こちらも共用廊下が不要になることで建物の端まで住居として使用できるようになるため、南北双方にバルコニーを設置することができるようになり風通しを良くしたり採光を得やすくなるというメリットがあります。

・プライバシーが確保される

エレベーターが全フロア停止する建物に比べ、立ち入りが限られるようになるのでプライバシーを確保することができます。共用廊下を通る人の気配や音を気にせず生活できるという利点があります。

いかがでしたか。スキップフロア型を採用する中古マンションはリノベーションされる物件も増えてきており、近年セキュリティやプライバシーに関する設備を重要視する入居者が増えてきていることから一定のニーズはあるといえるのではないでしょうか。

ただしエレベーターが停止しないフロアは階段を使って昇り降りしなくてはならないので、若いうちは階段に抵抗がなかったとしても年を重ねると辛くなってくることもあるかもしれません。こうしたメリットデメリットがありますが、住むにあたってどのような点を重視するのかによってはエレベーターが停止しないフロアのお部屋が快適に過ごせる物件となるかもしれません。

マンションの購入に関して、ご希望やご不明点、お悩みなどがあれば、ぜひお気軽に弊社にご相談ください!

吹田・豊中のマンション探しならアパナビ売買へ

Pocket

この記事を書いた人

平井美穂
不動産担当の平井です。 常におごらず、謙虚に、笑顔を絶やさず、きめ細やかな心配りで、丁寧なふるまいを心がけております。 お部屋探しの際は是非お声掛けください。


カテゴリ