担当業務

入社を決めたきっかけ

入社の決め手は3つありました。まず1つ目は選考の過程でしっかりと自分自身を見てくれ、評価をしてくれたことです。2つ目は説明会や選考での社長との距離が近く、自分自身が抱く疑問に対して真摯に受け答えをしてくれたことが、この会社で働きたいという思いに繋がりました。そして、3つ目はやりたいことよりも社風や社員の人柄に惹かれたことです。何をするかより誰と仕事をするかを重視していた私にとっては魅力的でした。

実際に働いてみてどうでしたか?

働く環境は上司のおかげもあり、入社後自分でも驚くほどギャップがなく、のびのびと仕事に取り組めています。特に社長との距離の近さは、すごくありがたいと思っています。大きな会社になるにつれ直接会社を動かす経営層との温度差や距離が遠くなる事が多く、個々の意見や改善点をなかなか届けるのが難しいかと思います。その点、アパルトマンでは経営層との距離がすごく近いので、ストレスなく仕事に取り組めています。

仕事をしていてどんな時にやりがいを感じますか。

お客様に感謝されたときや、私に頼んでよかったと言ってもらえた瞬間に、営業として全力で取り組んでよかったと思います。全てうまくいく事ばかりではありませんが、地道な仕事でも常に回りまわって誰かの役に立つと考え、どんな小さなことでもやりがいを見つけて取り組んでいます。社内的には、上司から任されたことや、自発的に取り組むと決めたことに対し、良い点も悪い点も全てフィードバックをしてくれ、評価をしてくれるのでその点にすごくやりがいを感じています。

職場の雰囲気はどうですか。

自分でいうのもなんですが、私の所属している法人営業部はすごく良い雰囲気です。部署としてもちろん毎月予算目標があるので、好調な時や不調な時もありますが、そんな時こそ上司が良い雰囲気を作って盛り上げてくれます。何が原因でこの結果になっているのか、次はどう動かないといけないのか、営業をサポートする事務社員も含めメンバー全員で改善する方法を考え取り組める環境があるのは、とても良いところだと思います。

就活生にメッセージ

就職活動は人生においてそう何度もありません。その選択は、人生の半分近くを費やすということに繋がります。私自身は、「仕事を楽しめる=人生も楽しめる」という考えで働く場所を決めました。その基準は人それぞれですし、説明会や選考では全てを知り尽くす事は難しいかもしれませんが、周りに流されずとことん自分が納得する就職活動をして下さい。そうすれば、働き始めてからも愚痴や不満もなく、楽しい人生が送れるはずです!

アパルトマンでは、こんな先輩が働いています!