Interview

社員インタビュー

2013年 中途入社
西日本営業本部 コインパーキング事業 : シニアリーダー

益繁 元

Hajime Masushige
出身校 : 長尾谷高等学校

益繁 元 さんのキャリアステップ

MY CAREER
2013年2月
入社
西日本コインパーキング事業へ配属
2014年1月
リーダーへ昇進!
2016年7月
横浜へ異動と同時にマネージャーへ昇進!最年少マネージャーへ!
2017年10月
西日本コインパーキング事業へ異動
2019年11月現在
ポリシー
百聞は一見に如かず
『まずやってみる』ということを心がけて仕事に取り組んでいます。
事前に調べることも非常に重要でどちらが正しいとかではないですが、どれだけ画期的なアイデアが浮かんだとしても行動しなければ何も生み出せないからです。営業に関わらず、どのような業務であっても経験こそ自身の成長を促せる最大の武器と考えております。ですので、失敗しようが成功しようが経験し振り返り次回に活かすことの反復だと思いまので百聞は一見に如かずと心に決めています。
入社した理由・アパルトマンのここが好き!
学歴を見ないところ
学歴を気にせず、”人”を見てもらえるところが良いと思いました。
就職活動では内定を4社頂いていましたが、面接時の空気や面接を担当してくださった先輩の雰囲気が良く、『一緒に働きたい!』と思いました。今思うと面接も笑いが絶えなかったような記憶があります。

他にも営業職ということも魅力的でした。
新規開拓はしんどいや大変などのイメージがあるかと思いますが私はそうは思いません。
良くも悪くも結果が人によって目に見えて違うのでやりがいがあります。頑張れば頑張った分だけ結果が出るかというとそうではないと思いますが、頑張って結果を出せたときの新規開拓営業は格別だと思います。
入社してからも「人間関係の良さ」は絶対良いと自信を持って言えます。
上司にも聞きやすいし、しっかり教えてもらえるので、安心して仕事を進められます。もちろん「まずやってみて」から相談しますけどね。

現在の仕事
駐車場をコインパーキングとして活用する提案
街中にある駐車場をコインパーキングとして活用する提案をする仕事をしています。土地所有者様や土地を管理する管理会社様に訪問や電話をかけ駐車場の空き部分をコインパーキングとして活用する業務になります。20代を中心に車離れが目立つことや、道路交通法の改正で路上駐車をすると罰金など年々厳しくなってきており、駐車場が10年前と比べ非常に多く空きが目立つようになったことから近年コインパーキングが飛躍的に多くなった理由になります。
益繁さん02
自分の「ここ、ダメだな~」と思うところ
楽観的なところ
意識して改善しようと心掛けておりますが『まっいいか』や『大丈夫だろう』という楽観的なところがあると思います。
特に業務において今まで上記のような考えでトラブルを起こしてしまったケースもありました。自身が思う楽観的なところは業務においてトラブルやミスの誘発を招く可能性が非常に高く、特に意識して日々業務に取り組んでいます。

1番嬉しかったエピソード
手掛けたコインパーキングが満車だった
入社したばかりの頃になりますが、自身が契約をとりオープンした際、休日に車で通りかかったときなどで満車になっていると嬉しかったです。最近も契約している地主様から「満車が多いね」など連絡を頂くこともあります。素朴にはなりますが1番嬉しいエピソードになります。
入社して成長したこと
話し方がまともになった
入社した時は、言葉遣いなどかなりの頻度で注意されましたが、現在は改善されたと思います。
特に営業の際、資料のご説明をするときなど相手方は40代~60代の方が多く、自身の倍の人生を歩んでこられた方にご説明致しますので、話しかたなどは自然に改善されました。

若い人材に役職を与えてくれる環境なので、そういった環境も成長に繋がったと思います。
今では3名の部下と一緒にチームを盛り上げています。

今後の目標
土地活用のオールジャンルで対応出来るようになる
現在はコインパーキング提案のみを仕事としておりますが、売買や建築など土地活用の多岐にわたり対応出来るようになることを目標としております。
理由としては、私が知識を全部もっていれば自身で全て完結できるからです。現在は対応できないものに関しては依頼や別業者にお願いすることがあるので、そういう件をなくしていって、自身がワンストップビジネスマンとなりたいです。

現在就職活動のアドバイス(転職)
何をしたいかまず決めること
これまでの経験を活かし転職する場合と、新たな業界に挑戦する場合でかなり変わってくるかとは思いますが、一貫して言えることはまず「何をしたいか決める」ことです。
何をするにもまず決めなければどこに進むべきなのかも分からなくなってしまします。まず自身が何をしたいかを決めることによって選択しや進むべき道が示されると思います。
Senior

西日本営業本部の先輩

他にも西日本営業本部で活躍する先輩をご紹介します。

最上部へ