Interview

社員インタビュー

2014年 新卒入社
東日本営業本部 コインパーキング事業 : マネージャー

大森 聡子

Satoko Omori
出身校 : 日本大学 理工学部

大森 聡子 さんのキャリアステップ

MY CAREER
2014年4月
入社
東日本営業本部配属
2016年6月
立候補して
リーダーへ昇進!
2016年8月-2018年7月
横浜営業所立ち上げメンバーに抜擢!
横浜営業所に配属
2018年7月
シニアリーダーに昇進!
2019年1月
マネージャーに昇進!
2019年9月現在
ポリシー
自分に負けない
自分の性格は自分が良く理解していると思いがちですが、実際仕事をすると自分が思っていた性格と少し違う自分に気付きました。
その上で、自分のポリシーを一言で表現するのであれば、勝つか負けるかに拘る性分だと思います。
そして誰かにということでなく、今の自分への勝負を気にするタイプのようです。
負けず嫌いでもありますが、人をうらやむのではなく、誰かにできて自分にできないことはないと考え、できるまでやり続ける努力をしています。
その時の比較対象はあくまで自分です。
誰かにできて自分ができていないことが、とても悔しく思うので時に自分で自分の首を絞めるときもあります。
ただアパルトマンでは、そんな自分も含めて応援してくれる環境があると思っています。
入社した理由・アパルトマンのここが好き!
自分(個人)を見てくれる
面接時に色々と話をする中で、会社についてどう思うかを問うばかりでなく、「自分をみてくれるような会社だ」と感じた面接でだったので「一緒に働く人たちが良いメンバー、一緒に働きたい」と思い、入社しました。
大手企業を受けていまして、就職活動も上手くいっていたように思いますが、「本当に個々を見ているだろうか」とも思っていました。
アパルトマンの面接では、今までどんなことをしてきたのか、どんなことを楽しいと思っているのか、なりたい自分があるのか、どんな未来なら楽しいと思うのかなど、今の自分を承認してくれた上で、色々な話をしました。
自分の成長過程を含めて見てもらえる人が近くにいて、一緒に仕事ができれば自分は頑張れるだろうと思って、入社を決意しました。
現状働いていて、その時に感じた部分は変わらず、良い部分であると感じています。

現在の仕事
小さな積み重ねを続けること
土地の有効活用をご提案をしています。
時間貸だけで言えば、多くの方が日常的に使用しているものであり、路上駐車がなくなることで地域貢献に繋がる仕事であると思います。
またそれが、オーナー様の収益につながります。
以前に比べて、時間貸の現場も多くなっているので、良い条件ばかりで運営はできません。
ただ時間貸としての有益な土地活用はまだまだできると思っています。
『土地のオーナー様、土地を管理している管理会社様、現地を利用するお客様、それぞれが少しずつ嬉しくなる場所にできたらいいな』と思い営業しています。部下の育成も自分の仕事ですが、部下が今日よりも明日、一つでもできることを増やすことで、私たちができることが増えて、誰かのためなる仕事に繋がっていると思っています。
自分の「ここ、ダメだな~」と思うところ
飽き性な部分
できるまでやる、自分がやったことのないことをしたいという気持ちは強いと自分でも思います。
ただし、その物事ができるようになると、「また違うことができたらいいな」と次のことを初めてしまいます。

同じことだけだと飽きてしまう性格です。
そういったことを考えると同じことの継続が苦手であり、次に次にで自分を振り返るということを怠る癖があります。
最近は、研修を繰り返し振り返ることを意識していますが、自分の足りない部分は多くのメンバーに助けてもらっています。

1番嬉しかったエピソード
担当として承認される瞬間
基本的にお客様に会って話をすることが仕事です。
顔を覚えてもらうこと、オーナー様の為にできる最善提案を考え伝えること、時にはハッキリ物事を伝えることもあります。
アパルトマンでは、オーナー担当を決め、その現場に対する全ての物事を担当を介して話をします。
そのために何度も通うこともありますし、電話を繰り返し信頼されるよう努力をします。
人と人との付き合いなので、相手に好かれる努力をします。
その結果として、オーナー様や業者様から「大森さん、次も宜しくね」「担当変わらないでよー」「また大森さんに頼むから」などと、『会社との付き合いだけでない自分を承認される瞬間』はとても嬉しいです。次の頑張りに繋がります。もっとそんな付き合いができたらと思い仕事をしています。
入社して成長したこと
コミュニケーションの質
本やインターネット、セミナーなど勉強する材料は身の回りに沢山あります。
ただ人から話を聞いて学ぶことは、営業マンだからできることだと思っています。
年上の人、企業の社長の考えや話はとても貴重であり、とてもためになる話ばかりです。
考え方や話す間の取り方や、人を巻き込む空気間などは、その場にいるからこそ体感できるものだと思っています。
すぐに真似はできないですが、その場を経験していることで自分に活かせる部分があります。
営業に生かすだけでなく、人と付き合っていく中でとても友好的な環境づくりにも役に立つと思っています。
今後の目標
後輩の成長
自分の任されている仕事の一つで、部下の育成があります。
「私ができて、部下ができないことはない」と思っていますし、部下にはそれぞれ良いところが沢山あります。
なので、自分以上にすごい部下を育成することが今の目標です。
部下の良い部分を引き出せるように、自分もしてもらって嬉しかった個人を見るということを意識しています。
成長のスピードも考え方も色々なので簡単なことではないですが、それが自然と毎日の刺激になり、一緒に成長する気持ちで向き合うようにしています。
同じ目標を持って頑張る部下を見ると自分のモチベーションも上がります。
部下のためにできることを沢山探し、何か手助けしてあげられたらと日々考えています。

現在就職活動のアドバイス
信念をひとつ持つこと
会社を選ぶとき、向き不向きを考え「こんな自分になりたい!」など、期待や希望を持つ人がいます。
また逆に「自分は何も得意なことがないし、何をやってもなぁ」とマイナスに捉えている人がいます。
ですが、実際にやったことのない仕事に対して挑むのだから、『自分らしく頑張れる場所かどうかを考えるところから始めればよい』のではないかと思います。
仕事をするという点において、自分の理想どおり進んでいける人は少数だと思います。
であれば自分には未知なる可能性しかないのです。
ただその中で、『どんなことなら頑張れるのか、続けてみることができるのかなど自分の信念』を見つけてみてください。
営業でトップになりたい、お金を稼ぎたい、時間どおりに仕事を終わらせたい、誰かの役に立ちたい、なんでもいいと思います。
仕事についたらまず、その自分の信念に従い、何をすることでその自分に繋がるのか考えて仕事をしてみるといいと思います。
そしたらどんな仕事についたとしても、頑張れるのではないでしょうか?
Senior

東日本営業本部の先輩

他にも東日本営業本部で活躍する先輩をご紹介します。

最上部へ