Interview

社員インタビュー

2013年 新卒入社
関西営業部 法人営業ユニット : シニアリーダー

米田 達彦

Yoneda Tatsuhiko
出身校 : 関西外国語大学 外国語学部

米田 達彦 さんのキャリアステップ

MY CAREER
2013年4月
入社
関西営業部に配属
2016年6月
リーダーに昇格!
2017年12月
シニアリーダーに昇格!
2019年7月現在
自分のタイプ
リーダーとしてどうあるべきか
元来、性格的にはリーダーというタイプではなく、役職をいただいた当初は自らが会社の中でどういう行動をしていけばいいか悩む毎日でした。その中で、「部下を助けられる」「盛り上げていける」上司になりたいという漠然とした方向性を持ってからは、人と積極的に関わることが好きになり、どうすれば部下のみんなが成長していってくれるかを考えることが増えました。
もちろん今でも日々勉強の毎日ですが、リーダーとしての目標を達成できるよう努力していきたいです。
入社した理由・アパルトマンのここが好き!
「会社の中」が見えたこと
面接時には、必ず事務所内が見える通路を通って社内が見えるように配慮してくれたこともあり、就職活動内で出逢った会社の中で最も社内の雰囲気が見えました。なので、内定してから入社するまでは不安がありませんでした。また、さまざまな年代の社員と面談をする機会もいただき、この人たちと働きたいと思えたことも入社を決めた理由のひとつです。

現在の仕事
法人営業
主に提携先の法人様から、お部屋探しのご依頼をいただき、物件検索、ご案内、契約処理、ご入居までを一貫して行っています。新規にお付き合いいただける法人様へのご訪問もまれにございますが、基本的には既存顧客とのお仕事がメインです。
自分の「ここ、ダメだな~」と思うところ
何事にも感情を入れて考えてしまうところ
部署内で決めないといけないことがある時、それぞれの思いや置かれている環境を考えすぎてしまうことがよくあります。「上司からは判断するときに情をいれることは禁物」だと指導を受けていますが、なかなかそれが抜けないことが改善したい点です。ただそこが全くないというのもまた違うと思うので、バランスよく判断できるようになっていきたいです。

1番嬉しかったエピソード
新人賞を獲れたこと
入社1年目はとにかく新人賞をとることだけを目標にどうすれば獲ることができるか考え、ひたすら実行していく日々だったと思います。その中で失敗をして怒られることも多々ありましたが、最終的には新人賞をいただくことができ、達成感を得られた瞬間でした。
入社して成長したこと
周りのことがとにかく気になる
入社前は、比較的人見知りな性格で、周りのことに関心がないわけではないですが、様子を見て積極的に関わるような性格ではありませんでした。入社後、特にリーダーをさせていただくようになってからは自部署メンバーの様子が気になり、元気がなかったり、嬉しそうにしている瞬間を見ると話しかけにいってしまう性格に変わることができました。
今後の目標
みんなが働きやすい環境をつくる
世の中では働き方改革が浸透して、弊社でも残業削減や休日増加に取り組んでいますが、ただ早く帰ることや休みを多く取るということではなく、「モチベーション高く各自がどれだけ自分の目標に向かって頑張れる環境を作っていけるか」が自分の役割の一つだと思っていますので、自らの人間的な成長やリーダーとしてのふるまいを身に着けて、少しでも早く環境を整えるよう努力していきたいと考えています。

働いている自分が想像できるか
自分の求めている軸を決める
売り手市場の昨今では、皆さん引く手あまただとは思いますが、『3年後、5年後、10年後にその会社で働いている自分が想像できるかどうか』が大事な観点のひとつだと思います。自分の就職活動を思い返せば、あまり完璧には考えられていませんでしたが、今ではそのように思います。入社から5年経って、この会社に入社できていて良かったと思っています。
Senior

関西営業部の先輩

他にも関西営業部で活躍する先輩をご紹介します。

最上部へ