Interview

社員インタビュー

2017年 中途入社
関西営業部 法人営業ユニット : リーダー

唐澤 裕一

Yuichi Karasawa
出身校 : 龍谷大学 経営学部

唐澤 裕一 さんのキャリアステップ

MY CAREER
2017年8月
入社
法人営業本部に配属
2019年1月
リーダーに昇進!
2019年7月現在
自分のタイプ
全て抜け目なく
性格的には、『どんどん勢いで~』というより、『緻密に理論的に』というタイプです。
なので前職は、会社体制がゴリゴリな営業で、自ら新規営業をとっていく体制なのが合わなかったのかと思います。
考え方としては、何か行動する際はミスをしないよう、結果を想定しリスクヘッジしつつ、全て逆算で行動するようなタイプになります。
入社した理由・アパルトマンのここが好き!
風通しが良い
面接時で、面接官同士の会話を見ていて、「普段の雰囲気」が今までに見た会社の中で最高でした。
転職活動で他不動産会社の営業や、商社の営業なども受けてみましたが、アパルトマンが圧倒的に良い印象で、意思はすぐに決まりました。
入社してからも、数字など以外も結果として見え、辛い部分の努力もしっかりと見て評価をしてもらえる環境があり、すごく好きです!

現在の仕事
クライアント企業社員様のお部屋探し
転勤、長期出張、支社設立などで関西へ来られる方のお部屋探しをしています。
主に当社が契約しているクライアント企業の社員様が該当します。条件やご希望をヒアリングし、ご満足頂けるように提案をしております。
自分の「ここ、ダメだな~」と思うところ
考えすぎ
タイプでも言ったように、頭で考えてから行動をするタイプなので、良い意味での『失敗を恐れずに何も考えずにとりあえずやってみる』ということが苦手です。
一長一短ですが、そういう勢いのある人を見ると自分にない部分なので羨ましく思います。
でもビジネスではそういう姿勢も持っていると強いはずなので、どちらもできるようにしていきたいです。

1番嬉しかったエピソード
任せてよかった
同じ物件を選ぶとしても色々な数ある仲介業者が選べる中で「唐澤さんに担当してもらえてよかったです。」というようなお言葉を頂く時が嬉しいです。
お部屋に満足頂くことはもちろんですが、『アパルトマン 唐澤』の”サービス”にご満足頂けたと感じられると「頑張って良かった」と思います。
例としては、転職が慣れていらっしゃる法人様の案件で、丁寧に、かつレスポンスをとにかく早く対応させて頂いたところ、お褒めの言葉を頂きました。
入社して成長したこと
本質を見抜く
営業マンとして色々なお客様と接する中で、“上辺の言葉”ではなく『その方の思いの本質を掴み、先回りして求められていることを提供する』という力がついたと思います。
これは、営業以外でもとても役に立ち、社内でのコミュニケーションや普段の生活でも良い動きができるので、今後も力を付けていきたいです。
今後の目標
全て良し
一営業マンとして、お客様にご満足を頂くことは最低限のテーブルとした上で「個人予算・部署予算等全ての目標事は達成できるようにしたいです。そして達成した時には、その中心人物でいられるように、普段から気を引き締めて活動していきたいと思います。

現在就職活動のアドバイス
自分の求めている軸を決める
人によって会社に求めることはそれぞれだと思いますが、『自分が何を求めているか』の軸をしっかり決めると良いと思います。
転職活動は”良い”会社を探しがちだが、何をもって”良い”会社なのかは自分の求めるものによって変わるので、『自分の求めている軸に一番合う会社を選ぶ』という目線で探すと良いかと思います。
Senior

関西営業部の先輩

他にも関西営業部で活躍する先輩をご紹介します。

最上部へ